曺国法務部長官電撃辞意表明全文


国民の皆さん!
私は今日、法務部長官を辞めます。
検察改革は学者として知識人として私の生涯の使命であり、長い間悩んで追求してきた目標でした。 「抑制と均衡の原理に基づいた捜査構造改革」、「人権を尊重する節制された検察権行使」などは、長年の所信でした。
検察改革のために文在寅(ムン・ジェイン)政府の最初の民情首席として、また、法務部長官として、過去2年半全力疾走してきたし、私ができる最善を尽くしています。
しかし、思わぬことが起こりました。 理由を問わず、国民にあまりにも申し訳ありませんでした。 特に傷ついた若者たちには本当に申し訳ありません。
家族捜査により国民に全く申し訳なく思いましたが、長官としてわずか数日だけ働いても、検察改革のための最後の私の役目は全うして消えるという覚悟で一日一日を果たしました。 しかし、もう私の役割はここまでだと思います。
去る10月8日に長官就任一ヶ月を迎え、11種類の「迅速推進検察改革の課題」を発表しました。 政権次元の法令制定・改正作業も本格化しました。 昨日は検察改革のための高位党政庁会議でムン・ジェイン政府の検察改革計画を再確認しました。 今、与党、内閣、大統領府が力を合わせて、検察改革作業を必ず果たしてくださると思います。もはや検察改革は逆らえない高慢な歴史的課題になりました。 どの政権もなかったことです。
国民の皆さん!
これ以上、私の家族、大統領様と政府に負担をおかけしてはならないと判断しました。 私の席から降りてこそ、検察改革の成功が完遂可能な時間が来ると思います。 私は検察改革のための「焚き付け」に過ぎません。 「焚き付け」の役割はここまでです。
あらゆる抵抗にもかかわらず、検察改革がここまで来たのは、すべての国民のおかげです。 国民の皆様は、私を降ろして、大統領に力を合わせてくださることを切に願います。
検察改革制度化が軌道に乗ったのは事実ですが、進むべき道は遠いです。 今後は私よりも強力な推進力を発揮してくれる後任者にバトンを渡して仕上げをお願いしたいと思います。
家族全員が満身創痍になって、個人的に非常につらく非常に苦しみました。 しかしながら、検察改革を応援する多くの市民の意思と心のために耐えることができました。
これで、すべてを置いて、人生で最も大変苦しい時間を過ごしている家族のそばにいて慰めたいと思います。 私よりも怪我をして傷ついた家族をこれ以上、各自で勝手に耐えろと言うことはできない状況になりました。 特に、元々の健康がひどく悪い妻は一日一日をギリギリ支えています。 人生で最も大変苦しい時間を過ごしている家族のそばに今一緒にいてあげなければ、一生後悔することになります。 家族が自暴自棄しないように、ただそばで家族の暖かさで、この痛みを一緒に耐えるのが自然人としての道理だと思います。
国民の皆さん!
私の仕事はすべてしました。 私は今、一人の市民に戻ります。 しかし、辺鄙な所でも、検察改革の目標を忘れずに、市民の心と共にします。
これまで不足しな大臣を補佐し、短い時間の間に成果を出すために最善を尽くしてくれた法務部の幹部・職員の方々に深く感謝申し上げます。 後任者が来られるまで動揺することなく業務に専念して下さい。
最後に、国民の皆さんが私を踏んで、検察改革の成功のために知恵と力を合わせてくださることを切にお願い申し上げます。
ありがとうございます。
祖国拝呈上


JTBC

https://news.naver.com/main/read.nhn?oid=437&aid=0000221815

最後まで厚かましい紳士面だったのは流石です。
結局ここまで拘った検察改革は誰が何を求めていたものだったのでしょう。
国民が求めていたものなのでしょうか。